クラフト紙袋×バイオマスPE ⁉ | クラフト紙袋・米袋・工業用原料袋の製造なら山口包装工業株式会社

クラフト紙袋×バイオマスPE ⁉

クラフト紙袋×バイオマスPE ⁉

近年、CO2削減、SDGs、CSR活動、脱炭素社会といった言葉をよく耳にするようになり
ました。当社のお取引先様におきましても、環境に配慮した製品のお問い合わせを頂くこ
とが増えており、今後ますますそのスピードは加速していくと実感しています。

そこで、環境配慮商品として普及しつつあるバイオプラスチックを使用したポリ袋をご紹
介させていただきます。

 

♦バイオマスポリ袋とは。
バイオマスポリ袋は、バイオマス原料(生物由来の資源)を使用して作成されたポリ袋の
事です。バイオマス原料には、サトウキビやトウモロコシなどの植物由来の物から廃食用
油や紙パルプ製造の際に副産物として発生する粗トール油を活用した物など様々な物が
ございます。

 

バイオマスポリ袋は、なぜ環境に配慮した製品なのか。
CO2排出削減に寄与すると言われています。
(原材料となる植物を育てる際に、その植物が光合成によって大気中の二酸化炭素を吸収し
ます。原材料を育てる際に吸収される二酸化炭素と作られた製品を焼却処分した際に発生す
る二酸化炭素が相殺する、いわゆるカーボンニュートラルという特性から大気中のCO2の濃
度を上昇させないという理由から)
当社も仕入をさせていただいているバイオマスポリエチレン製造会社様のお話では、バイ
オマスポリエチレン1トンを製造した場合、石化ポリエチレン1トンを製造した時に比べ
CO2排出量が約70%削減できるとのことでした。

 

♦認証マークについて
バイオマスポリ袋には、バイオマスマークやバイオマスプラマークといった識別表示が使
用できます。(ポリ袋の製造会社が認識表示制度を運営している各団体から認定を取得して
いる事が必要)

 

バイオ関連マークとして有名なものの概要は以下の通りです。

マーク銘柄 バイオマスマーク バイオプラマーク
マーク    
マーク認定 一般社団法人 日本有機資源協会

日本バイオプラスチック協会 (民間の任意団体)

関係省庁 農林水産省直轄 経済産業省管掌
定義 バイオマスを活用した商品に付す。なお、バイオマスとは再生可能な生物由来の有機性資源で化石資源を除いたものをいう。ただし、生き物、動植物の粗製品、食品、衣料品は含まない 原料として再生可能な有機資源由来の物質を含み、化学的または生物学的に合成することにより得られる高分子材料
バイオ度 最低10% 最低25%
バイオ度レベル 5%単位 25、50、75、90%


環境配慮の気運からプラスチックの替わりに紙を使用した包材の需要が増えつつあります。
産業用紙袋を製造している当社へもプラスチックフィルム素材から紙素材への変更のご相
談をお受けする機会が増えてきました。しかしながら、ポリエチレン素材の袋を完全に紙
袋へ変更することは機能面から難しいのが現状です。




当社で製造している紙袋には、その内袋としてポリ袋を使用することがありますが、その
内袋を石化プラスチックからバイオマスプラスチック素材のものに変更することが可能で
す。
コストは上がる事となりますが、ポリエチレン袋メーカーよりバイオマスポリを使用した
内袋を供給いただく体制もございますので、そのような包材をご検討の際には是非当社に
ご相談ください。
 ※ 当社で取り扱いしているバイオマスポリ袋は、サトウキビから砂糖を精製した後の廃
  糖蜜から製造されるバイオエタノール原料を使ったものになります。
 ※ 現時点では認証マークを紙袋内袋に印刷行うことは対応しておりません。

 

【ご参考】
クラフト袋の内袋として重要となる強度面の試験数値は以下の通りです。
メーカーからいただいた数値を確認する限り、強度上大きく劣る項目はありませんでした。
<バイオマスPEと一般PEの物性比較表>



業務用紙袋なら規格品から別注品まで山口包装工業へお任せください!

CLICK お問い合わせ